2019年05月02日

取り扱いが難しい麻のテーブルクロス


ある程度の年齢で
飯田深雪さんというお名前をご存知の方は
雑誌などで
テーブルセッティングの基本中の基本をご覧になられたことと思います


まだわたしが若かった頃
飯田深雪さんの第一門下生として
長く講師をしていらした方が
いなかに 越していらっしゃいました


そこで 今でいうサロン風のお料理教室を開き
わたしも ご紹介をいただいて
遠くまで通いました


先生は お料理と一緒に
テーブルリネンのお話しもしてくださいました


・テーブルリネンは 基本的に麻地のものを使うこと
・チェックの柄は 朝使う
・食器とリネンを同じ柄にするのが一番良い


もう この程度しか覚えていませんが
当時 ほとんどの方が知らなかったことを
たくさん教えていただきました


そして わたしは
テーブルリネンと刺繍から離れられなくなったのです


今では 大きな生地をかかえての刺繍はたいへんなので
ちいさなものしか刺しませんが
すてきな生地を見つけると
すぐに ランチョンマットやティーコゼーに仕上げたくなってしまいます




★★★




暖かくなってきて
ティーコゼー作りが ひと段落です



空いた時間を使って
今まで生地をためこんでいた 引き出しを引っ張り出しました



たくさんのテーブルクロスが出てきました



お料理の先生のお教え通り
大きめの麻地が手に入ると 必ずテーブルクロスに作っていました




ところが



麻のテーブルクロスは 世話がかかります


たたみジワや 洗った後のシワとの格闘です



この格闘がいやで
作ってはみたものの 麻のテーブルクロスは
引き出しの中にしまったままになっていました



今回 それらを引っ張り出したところ
薄い色のクロスには 「経年のシミ」が出ていたので
ためらいもなく捨てることにしました







シミがついていない濃い色のクロスが 数枚残りました





★★★




もう ずいぶん前のことになりますが
パリに刺繍の修行に行ったとき
ひとり暮らしのマダムのメゾンに下宿をしていました


それはそれは 広いお宅でした


浴室だけでも 8〜10畳くらいはありました




下宿の期間中 朝食だけ出していただきましたが
それは おしゃれなフランスとは ほど遠く

牛乳 ジュース類は 大きめのビンやパックのまま
テーブルに ドンと置かれ
パンは コンビニなどで売っている 5〜6個入りのロールパンなどの袋がそのまま出ていました


一番驚いたのは 紅茶です

ティーカップとティーバッグが用意されて
熱いお湯の入ったお鍋が 置かれていたのです


でも 飲み物もパンも たくさんの種類が出ていました



それが おフランスの普通の食卓なのか
もともとサービス精神のないフランス人だからなのかは わかりません



でも そんな食卓でも
毎朝 必ず テーブルクロスは敷いてありました


そして 食事を終え 刺繍学校に出かけ
お昼にもどると クロスは ちゃんと片づいていました





わたしたち日本人は 和室にいるとき
何も意識をしなくても お座布団を使います


それと同じように
彼らにとって 食事とテーブルクロスは一体となっているのでしょう






余計な思い出話しでしたが
テーブルクロスの出しっぱなしを防ぐには
手入れが楽なものを選ばなければなりません


日本で 多くのお宅では
クロスを敷いたままにしています


まだまだ クロスの上にビニールをかけているお宅もあります



でも わたしは
食事ごとに クロスを取り替えたい派です
毎回違う色や柄の食卓で ごはんをいただきたいですし

食事をしていない時は
テーブルの木の色を見ていたいのです


今では ポリエステエルの生地や撥水性の生地でも
たくさんの種類がありますから
ほぼ 趣味に合ったものを選ぶことができます



その中で
麻100%でアイロンがけが難しい
これらの生地を持ち続けていても
使うことがあるのだろうか・・・


少し悩むことにいたしましょう







【●「捨て捨て」終わって 気に入ったものに囲まれて暮らしたいの最新記事】

2019年04月25日

甘いお菓子をやめることができた♪


10年くらい前 大病をしたときに

乳製品とお菓子をやめようと決意しました




それまでのわたしは

バター大好き
チョコレート大好きでした

朝からバターでベーコンを炒めて
ヨーグルトをどっさりと食べ
夜になると バターと生クリームたっぷりの
濃いシチューを食べていました
とろっとろで おいしかったなぁ


とりわけ チョコレートに対する執着が強くて
毎日板チョコを半分(それでもセーブしながら食べていました)
必ず食べていました


スーパーに行くと
板チョコを ぐわっとわしづかみにして
かごに入れていました


おかげで チョコレートとバターの中毒となってしまったようです




大病後
バター断ちをしてからは
クッキーをひとかけらでも食べると
3日くらい 乳製品を食べたくて がまんが大変でした




それから10年


今では 乳製品はコントロールできますが
チョコレートは 1度食べると ちょっと続きます


チョコレートの箱をひっくり返して
原材料名を見ると
植物油脂 (トランス脂肪酸)が上位にあります

これはチョコレートに限らず
おせんべいでも植物油脂がトップにきている物もあります


健康やダイエットのため
毎日チョコレートをひとかけら食べましょう
などというキャンペーンもあるようですが ???です



ブラックチョコであったとしても
健康になりたかったら
ダイエットをしたかったら
なにも わざわざチョコレートに頼る必要もなく

間食をやめて
たんぱく質中心の食生活に切りかえればいいことです


そして ときどき
甘いお菓子の誘惑に負ければいいだけのことではないでしょうか






3月くらいから
夜になると おなかが空いて
あまいおせんべいを数枚 ぼりぼりと食べていました
なかなかやめることができません


しかも
中学生に
「おいしいポッキーがあるの
300円くらいするから 高くて滅多に買えないんだけどね」
な~んてことを聞いてしまったから
近くのコンビニで買ってみると

あら おいしい♪


ということで
おせんべいとチョコレートが
すっかり癖になってしまいました




これは まずい

何とかしなくては



そう思い
ちょっと視点を変えて 考えてみることにしました



このお菓子を食べて 喜ぶ人は
一体誰なんだろう??



チョコレートは 中毒になっていますから
食べたくて仕方がないのですが
食べても それは 一過性の喜びだと思います



そうなると お菓子を食べて喜ぶのは わたしではなく
お菓子を作って販売する人じゃないでしょうか


わたしは お菓子屋さんを喜ばせるために
お菓子やさんのために
せっせとお菓子を食べているのです


なんと ばかばかしいことでしょう



他人の喜びのために お金を使って
さらには 太って
その上 健康を害し 歯だって悪くなります


健康を害すると
こんどは お医者さんが喜びます



お菓子を食べると 他人が喜ぶという事に気付いたら
憑き物が一気に落ちて
おせんべいもチョコレートも 一切買わなくなりました


夜 おなかがすいたときには
小さめのバナナを1本食べます



わたしには
お菓子は ほんのときどき
思い出したように食べる程度が合っているようです




2019年04月22日

ティーコゼーのお楽しみセット





YUWAのマカロン生地で
ティータイム5点セットを作りました





おなじみの ティ―コゼーです





ティーマット2枚と まるいなべ敷きです





ティーコゼー以外は おそろいの裏をつけました





お誕生日やご結婚 新築のお祝いにもなりそうです




なかなか進まない 創作ティーコゼー

残りの部分の五分の一ができました
イメージ通りにできたので
あと4つ 頑張って作ります