2019年05月22日

刺繍のセカンドライン


これまでのわたしの刺繍は
クラシック系で
今の流行には 全く乗っていませんでした

それだからこそ
お受験刺繍が可能となっていると思っています



けれども お受験刺繍は神経を使います





濃紺のような 濃い生地に刺繍をすると
下絵から ほんのすこしでもはみ出して刺すと
花びらが ぼこぼこになってしまいます

1ミリ以下の太さで下絵を書いても
その線の内側に針を落とすか
線上に針を落とすかによっても
ひと針分だけ大きく飛び出してしまうことになります



針を落とす場所を凝視し続ける刺繍には
疲れることもあります






ここのところ
ブログの更新が滞っていますが


実は

最近の刺繍に挑戦してみたのです




かんたんな刺し方で 全体的に丸みのある
かわいらしい刺繍です



1作目は こちら





「あじさい」です





刺繍は かんたん

ひたすら レゼーデージーステッチを
くるくると刺していくだけなのです


かんたんな刺し方なので
すぐにできると思って始めたのですが

なんと

できあがりまでに 3日以上かかってしまいました


おそるべし レゼーデージー





2作目は こちら

「イングリッシュガーデン」





ちっちゃな がまぐちです

タッセルが妙にゴージャスなので
タッセルのおまけとしてがまぐちがついているみたいです





こちらは 5センチ四方の 小さいがまぐちなのですが

やはり 3日以上かかってしまいました


なにしろ にぎやかにするために
どの色を使って どんな刺し方をすればいいのかがわからず
頭をひねりながら 完成させました





中にも刺繍があります





そして 3作目






こちらは 見せるポーチを意識して作ろうとおもいます

バッグの中に忍ばせておくポーチではなく
バッグチャームのように 堂々と外に出して持ち歩くことを前提に作ります


うしろ側には
摘み取ったお花を ちょこっと刺すつもりです


こちらも もうすでに1週間くらいかかえています
今日明日には 完成するといいなぁ・・・と言ったところでしょうか




しばらくは セカンドラインの刺繍を楽しもうと思います




posted by momo at 09:28| Comment(0) | ●刺繍セカンドライン

2019年05月17日

創作ティーコゼー ようやく完成です


以前 全米が泣いたと評されるくらいの(?)
空前絶後のティーコゼーを作りましたが

トワルドジュイ MING(明朝)の生地を テーブルリネンで使い尽くす


今回は

全米10週連続一位を記録!

このくらいのすごさのコゼーを仕上げました

何と言っても 製作期間3年です

3年も仕上がらなくて困っていたのです




いいから早く!!


ハイ








パニエです





スカートです





エプロンです







組み合わせると こうなります




これらを使って





はいっ








ティーコゼーの出来上がりです




大好きな 不思議の国のアリスを表現しました




アリスは 青いスカートのほうが有名ですが
これは ディズニーの映画の影響でしょうか






原画では 茶色いお洋服を着ています


不思議の国のアリスで 色がついているものはめずらしいのですが
「不思議の国のアリス」の子ども版
「子ども部屋のアリス」には 色がついています
ちゃんと テニエルの絵です


ならば 忠実に原画に従わなければ
ということで 茶色いスカートとなりました






うしろ側です





上からです

360度 ふんわりとしたスカートです






もちろんティーコゼーですもの
保温はしてもらわなくちゃ
内側は かくれんぼが土台となっています きゃぁ〜 エッチ!





アリスは 元気なおじょうちゃん

ですから
コゼーにかぶせるスカート丈にこだわりました


床(テーブル)にすそがついてしまうと
お姫さまのドレスになってしまいます

短かすぎると おかしくなります

床上ぎりぎりのサイズに仕上げるのに
世界の英知を結集いたしました あはは






アリスと言えば





こちらの 帽子屋さんも有名です





アリスのお茶会を再現しなくてはなりませんから


ほい






お帽子コゼーも作っちゃいました

ただし ティーポットのコゼーでは 横幅が出てしまいますから
コーヒーポット用です

字は 刺繍です





それでも ギリギリのサイズにしたので
注ぎ口が ごめんくださいませ





もちろん 意地でも内側はふかふかにいたします

ティーコゼーですもの






不思議の国のアリスの物語は
うさぎが 時計を見ながらあわてている場面から始まります

3時を過ぎて うさぎさんは 大変困っていました





3時をちょっと過ぎてしまった時計は
ポットマットになりました

どちらが長い針なのか わからなくなりました

文字は 刺繍です







この トランプを刺繍するのがいやでいやで
完成まで 3年もかかってしまいました









創作刺繍1作目は 「かぐや姫」でした



つぎは なにに挑戦しようかしら





posted by momo at 10:51| Comment(0) | ●創作ティーコゼー

2019年05月06日

ダンス・ダンス・ダンス トワルドジュイでウェッジウッドジャスパーのミニティーコゼー





ウェッジウッドの ふたつの小さなポットたちが 喜んで
ダンスを踊ってくれました


奥の子は コゼーを頭で回すのかしら?





あらあら

すねて あっちを向いちゃって 
ひっくり返って 大泣きしている子もいるではありませんか


あーあ

ふたまで ころがしちゃって・・・






10年くらい前でしょうか



しまったままのほうがもったいないと 意を決して
大切にしまっていた
ウェッジウッドジャスパーのミニポットを 使うことに決めました



その際 小さなお洋服(ティーコゼー)を作ってあげたのです








大好きなYUWAの生地を中心にして
6つのミニティーコゼーを作りました




クリスマス用も作ってほしいとせがまれたので





サービスをして
こんなにたくさん作ってあげたのです


左の ウェッジウッドのカップと比べてみると
ポットの大きさが だいたいおわかりになると思います



それから ティーコゼーたちは 彼らの身体を温め続けてきました




そして 年月がたち


そろそろコゼーが 古びてきました



そこで


以前 トワルドジュイで作ったコゼーが大成功でしたので

トワルドジュイ MING(明朝)の生地を テーブルリネンで使い尽くす






調子に乗って ミニコゼーも作ってしまいました





すこしかすれた感じの色使いで
農夫と農女が いい感じに描かれていて
人気がある生地です




ごめんなさいね
2つしか作れなかったの


残りの子たちは
また お気に入りの生地が見つけられたら 作ってあげるから
すねないで 楽しみに待っていてね




posted by momo at 09:44| Comment(0) | ●ティーコゼー