2016年04月20日

生きるための 防災クッションを作りました


九州地方で おおきな災害が起きました

被災された方々には
お見舞いを申し上げます


大きな災害が起きるたびに
避難準備のことを考えます

でも しばらくすると
備蓄品は リュックやボストンバッグに入れて
大切に押し入れの一番奥にしまわれている状態

これではいけないと
今回は本気になって 
とりあえず 着の身着のまま逃げる時に持っていく
「生きるための 防災クッション」を作りました



リュックサックを1年中出しっぱなしにしておくのは抵抗があっても
クッションでしたら部屋に出しておけます



ちょっとごつごつしたクッションですが
これならば 出しっぱなしにしておけます



後ろ側です

一生のうち たった1回使うか使わないかのクッション
多少は かわいくしなくちゃね

地震があったら
リボンの部分をつかんで ダッシュします




落ち着いたら
リボンをほどいて
肩から斜めにかけられます



人数分作り
普段目が行く場所において
常に つかんで逃げるイメージトレーニングを重ねます
真っ暗な中でも
必ず探し当てられるよう 常に同じ場所に置きます



中味は 
生きること 衛生のこと
この最低限のことを考えて決めました
衛生は 生きることにつながります

シロウト考えですが
生きるためには
カンパンもアルファ米もレトルトカレーもラジオもいらないと判断しました
それらは
生き続けるための備蓄品です


生きるためには
もっと最低限でいいのではないでしょうか




クッションの中味

★生きるために★

家の鍵
音が出るライト

お水 500ml
(本当はカロリーメイトの飲むタイプがほしかったのですが 賞味期限が数か月だったのでやめました
お水は AEONが一番賞味期限が長かったです 2年)
ブドウ糖(ドラッグストアに売っています)
下着 3枚

ヒートテック 1枚
(身につけるものは 新品ではなく 多少着古したものを  ストレスを感じるときは 新品下着でかぶれることも)
使い捨てコンタクトレンズ10枚
(ワンデイ)
お金 10000円(おつりがないかもしれないので できるだけ1000円札と 重くない程度で硬貨)
抗生物質(膀胱炎になりやすいので)


★衛生のこと★


歯ブラシ5本・歯間ブラシ15本(使い捨て)
歯磨き粉(試供品小さいもの)
水に流せるポケットティッシュ(運よく水洗トイレが使えたとき用)
ちいさいタオル 1枚(安っぽいペラペラのものにしないと 洗うとき石鹸とお水を大量に使います)
ちいさい石けん(お水はいつか届くでしょうが 石けんはなかなか来ないと思います)
おしり拭きシート(携帯用は あかちゃん用しかありませんでした  イザとなったら 体もふけるでしょう)
ごみ用のビニール袋 (市指定袋45リットル5枚)
ビニール手袋(4セット8枚)
バンドエイド少々
手指用消毒アルコール
(手ピカジェルmini)

ひとつひとつを
ビニール袋に入れます
(ビニール袋だって つなげて首に巻けば
防寒になるでしょう)



クッション裏側に 浅いポケットをつけ
Dカンをつけてあります
ポケットは深いと 取り出すのに手間取ります

鍵 ライトを入れます



そして
普段 不自然ではなく室内に置いておくために
クッションをふかふかにしなくてはなりません

そのふかふかは・・・


なんと



おむつなのです!


災害が起きて
避難所でトイレに困るという悩みを聞きます

おむつを使えば
トイレのがまんをする必要がなくなりますし
ふかふかしているので 枕になったり
生理時や けがをしたときにも使えるでしょう

はくタイプもいいでしょうし
シートタイプで 大きめごみ袋の中に敷いて
その中に用を足すこともできます
女性同士 協力し合えば なんとかなります

避難所で 自分ひとり簡易トイレを使うことのほうが不可能でしょうし
そんなものを持って逃げられません

一応 シートタイプを買いました
1枚でトイレ4回分だそうです

ちょっと抵抗がありますが
おむつは いちど使って練習をしておかなくてはと思います


それでは クッションに入れてみます



たまたま
おむつが じょうずに並びました



ペットボトルをタオルで包んで 一番下に



全部入れて さらにおむつを2枚追加して ファスナーを閉めましたが
まだまだ余裕があります
はくタイプのおむつの検討や
保存できるクッキーなどを探して入れようと思います

リボンの長さ
下すぎたポケット
多少の調整をして
寝室やリビングに
いくつか作って ポイッと置いておくつもりです


ダイエット絶対成功術 刺繍 ティーコゼー ハンドメイドサロン
  フローラルリネン






posted by momo at 11:25| ●ハンドメイド

2016年04月13日

小さなバッグのための 小さなポーチを作りました


大きなバッグを持ちたくありません



持ち歩くバッグは
可能な限り小さくしたいのです

ずっと バッグにとっては大きすぎるポーチを使っていましたが



ようやく 小さい ぴったんこサイズで作りました



中に仕切りをつけたので
大切な鏡も 傷をつけなくてすみます


中に入れるものも最小限です



鏡 口紅 紅筆 バンドエイド(靴ずれ用)

紅筆に合わせて横幅を決めたので
すこし横長になっています

白い四角は ティッシュ!
そんなに使うものではないから
2枚だけ持ち歩きます

私は 目のまわりのお化粧をしませんが
佐伯チズさんが 
眉とアイラインは ユニの6Bの鉛筆がいいとおっしゃっています
これなら コンパクトに持ち歩けますね



お財布も小さいものを探しました
ポイントカードは1枚も持っていないので
メタボにはなっていません

最近は
お化粧室でハンカチを使うこともほどんどなくなりました

バッグの中に 余裕ができました


ダイエット絶対成功術 刺繍 ティーコゼー ハンドメイドサロン
  フローラルリネン






posted by momo at 11:12| ●ハンドメイド