【食器とティーコゼー】

食器のイメージに合わせて生地を探し
レースや刺繍を施して
オリジナルティーコゼーに仕上げていきます





2020年06月16日

久しぶりの刺繍ティーコゼーと「かくれんぼ」


ありがたいことに
ティーコゼーのご注文を切れることなくいただいておりまして
なかなか 刺繍コゼーを作る時間がありませんでした

ようやく 暑くなってきたこともあり
時間に余裕ができて
刺繍をはじめることができるようになりました


   DSC01999.JPG


イングリッシュローズを刺したコゼーは
めずらしいラベンダー色です

日本の麻地ですので ハリがあり型崩れはいたしません



   DSC01993.JPG


もうひとつ

こちらも ほとんど手縫いで仕上げるため
まとまった時間がとれないと なかなか作ることができません

ポットのあたま(注ぎ口)としっぽ(持ち手)が出ているため
隠れたつもりが隠れていない
子犬のかくれんぼのようなので
「かくれんぼ」と名付けました

久しぶりの新作となる 今回のかくれんぼは
トワルドジュイです

甘い感じではなく さりとてシャープでもないので
どのようなシーンにもよく合うコゼーです



posted by momo at 14:13| Comment(0) | ●ティーコゼー

2020年06月08日

不思議の国のアリス オーダーティーコゼー


不思議の国のアリスに魅せられたお客さまが
ティーコゼーを2点ご注文下さいました


DSC00260.JPG
   

DSCN6154.JPG


どちらも 廃番となり
大切にしていた生地でした


そのお客さまが 上の黒いティーコゼー「かくれんぼ」をたいそうお気に入りくださいました
そして お持ちの大切な生地をおあずかりいたしまして
「アリスのかくれんぼ」を3点お作りいたしました

DSC01906.JPG


どれもとてもかわいくて
これらを持って逃げてしまいたくなりました♪




posted by momo at 10:59| ●ティーコゼー

2020年05月16日

リバティ ボタニカルシリーズ ドーセットローズのティーコゼー


3月からずっと

ご注文が多く 休む暇もありませんでした

手芸材料屋さんも異常なほどの大にぎわいで
ネットショップをクローズしてしまう店舗もたくさんありました

ちまたでは手作りのマスクがトレンドとなり
ミシンの販売数が急激に伸びたそうです




そろそろ ハンドメイド狂騒曲もひと段落でしょうか

もともと一番好きなものはティーコゼーですので
ようやくコゼーを落ち着いて作ることができるようになり
ホッとしています



とはいっても


コゼーの季節を外れ始めました




みなさま
ティーコゼーは 冬の保温だけでなく
夏の保冷にも適しておりますのよ





ここのところ フランス生地にばかり目が行っていましたが

リバティから 素敵な生地が出ていました


DSC01833.JPG



リバティといえば 小さなお花の集合生地で有名ですが

こちらは 大きなお花だけでなく
葉や茎や実までもが忠実に描かれていて
まさに ボタニカルアートです





かくれんぼシリーズやイングリッシュガーデンの手刺繍ティーコゼーも
ほとんど売れてしまいました




これから ぼちぼちと 手縫いで新作を作っていきます





posted by momo at 12:20| ●ティーコゼー

2020年04月30日

久しぶりにいい生地を見つけてコゼーの製作


3月から ご注文が増えて
休む暇なく ハンドメイドの日々です




おうち生活が続く中
地味な存在のティーコゼーにも陽が当たったようです



従来ですと これから暑くなってまいりますから
コゼーの需要は激減するのですが・・・

今年は 激増しております



生地の在庫も減ってきて
売り切れが目立ってきてしまいました

ふわふわもこもこのティーコゼーをお選びいただく喜びを
楽しんでいただきたいので
在庫が少なくなることは わたしの意志に反します


そこで ハンドメイドのすき間を見つけて
生地探しです


先日 ローラアシュレイの生地を見つけました

さまざまな報道があるようですが
日本のローラアシュレイは健在のようです



この時期になると 写真がきれいに撮れなくなります 泣

DSC01454.JPG

真っ青な写真になってしまいました

こちらは 地の色が まさにロイヤルミルクティーです

DSC01501.JPG


こちらは 薄いココア色



ローラアシュレイのバラは
女性の心を動かします





posted by momo at 11:01| ●ティーコゼー

2020年03月12日

手刺繍すずらんのティーコゼーやペンケース すずらんづくし


DSC01328.JPG

すずらんの季節が近づいてきました

清楚なお花の中でも上位に位置するすずらんの刺繍で
いくつかの小物を作りました

おうち生活が中心となっている今
おいしい紅茶をゆっくりと楽しみたいものです


DSC01316.JPG


ご入園ご入学を控えていらっしゃるお母さまのためには
すずらんのポケットティッシュケースを作りました


それと


DSC01334.JPG


すずらんのペンケースです


学校の説明会も始まりますから
紺色の小物をそろえるシーズンとなりました


今でしたら
あれこれゆっくりと見比べることができますね



posted by momo at 11:21| ●ティーコゼー

2020年01月20日

今年人気が出てきた ラデュレカラーのリバティベッツィドラジェ


昨年 必死の思いでリバティベッツィのドラジェを購入しました

あまり出回っていないカラーですので
取り合いのようになります

まぼろしのリバティとまで言われているカラーです






ベッツィドラジェでティーコゼーを2種類作りましたが
昨年は あまり人気がありませんでした

でも 今年になって人気急上昇です





どちらのタイプのコゼーも コンスタントにご注文をいただいております



うっかり写真を撮り忘れてしまったのですが
ご注文をいただきまして
ヘレンドのミニポット(400㎖くらい)用のコゼーもお作りいたしました


ミニポット用のコゼーも定番サイズとしていこうと思っています

幻のリバティ ベッツィ ドラジェのティーコゼー ラデュレカラー ふわふわもこもこ マシュマロティーコゼー

幻のリバティ ベッツィドラジェ ティーコゼー 「かくれんぼ」 ふわふわもこもこ マシュマロティーコゼー





posted by momo at 11:54| Comment(0) | ●ティーコゼー

2020年01月14日

初めての定番ティーコゼーができました





ティファニーの食器にぴったりだと思い
白いリボンをつけたティーコゼー

おかげさまで こちらが大人気です


生地の再注文も3回目となりました


いつも その時々で気に入った生地を購入し
ティーコゼーに仕立てても
購入した生地が終わってしまえば
それで終了としてきました


ところが こちらのティファニーブルーのティーコゼーは
お気に入りに入れていただいている方も多いのです


「いつか買おう」
そう思ってくださっている方のためにも
こちらを【定番】とすることにいたしました


初めての【定番】ティーコゼーです







今 どのようなマグカップが人気なのかと調べてみましたところ
1位から3位までが北欧カップでした

そして
このティファニーブルーボックスが4位となっていました

ものすごい人気商品なのですね



レビューが1000件以上あります すごい人気です





posted by momo at 13:36| Comment(2) | ●ティーコゼー

2020年01月13日

手刺繍 すずらんのティーコゼー イングリッシュガーデン


正式な晩餐会でも通用するような
リネンダマスク織の生地を入手しました


テーブルクロスの生地でティーコゼーができるのかと
心配しながらの作成でしたが
とても美しく仕上がりました






手刺繍のすずらんです


日本製のレースとリボンを組み合わせて
織模様も生かしてあります





表側の右側にすずらんの刺繍
左側は バラの地模様が浮き上がっています



後ろ側は 地模様のみとなっています



これからの季節は
まず 春のミモザからのスタートにするつもりだったのですが
レースを縫い付けて リボンを通しましたら
すずらんのほうが高貴に感じられて
急きょ 図案を作りました



これから ミモザにも挑戦してみようと思います



posted by momo at 11:29| Comment(0) | ●ティーコゼー

2019年12月28日

手刺繍北欧ティーコゼー





北欧風の生地の上に
刺繍を乗せました

刺繍を乗せると ティーコゼーの雰囲気が少しかわります


ほかの生地にも刺繍を乗せてみようと思います


北欧風手刺繍ティーコゼー



posted by momo at 11:45| ●ティーコゼー

2019年12月27日

日仏 同じテーマの生地でもこんなに違います


フランスSTOFの生地で
ティータイム柄を見つけました










L'heure du THE お茶の時間


ティータイム関係の模様は人気があります

ただ 食卓関係以外では 何を作ればよいのかしら・・・



日本製のティータイム生地でティーコゼーを作ると










まだまだたくさんありますが
ティータイムをイメージできる模様の生地は
日本でも数多く販売されています




STOF社製の生地と似たようなものもあります






プラムがいちごになっています

カップケーキやマカロン
そして バラの花も同じように飛んでいます


下の日本製のコゼーは 色味は抑えてありますが かわいらしくなっています

なぜか 日本の生地は どんな模様でもかわいらしくなってしまうようです

この生地の場合は 全体の模様が小さめだからでしょうか


フランスの模様は かわいくてもどことなく大人という感じがします




外国の方が描いた梅の木や着物姿の女性は
どこかがヘンだとは思いませんか?

着物に至っては どこからお袖がついているのかわからないものもあります



文化が違うものを描くと なんとなくヘンになってしまうものですが
そうすると
日本のティータイムの生地って
外人さんが見るとヘンなのでしょうか?






posted by momo at 09:41| Comment(0) | ●ティーコゼー