2019年04月25日

甘いお菓子をやめることができた♪


10年くらい前 大病をしたときに

乳製品とお菓子をやめようと決意しました




それまでのわたしは

バター大好き
チョコレート大好きでした

朝からバターでベーコンを炒めて
ヨーグルトをどっさりと食べ
夜になると バターと生クリームたっぷりの
濃いシチューを食べていました
とろっとろで おいしかったなぁ


とりわけ チョコレートに対する執着が強くて
毎日板チョコを半分(それでもセーブしながら食べていました)
必ず食べていました


スーパーに行くと
板チョコを ぐわっとわしづかみにして
かごに入れていました


おかげで チョコレートとバターの中毒となってしまったようです




大病後
バター断ちをしてからは
クッキーをひとかけらでも食べると
3日くらい 乳製品を食べたくて がまんが大変でした




それから10年


今では 乳製品はコントロールできますが
チョコレートは 1度食べると ちょっと続きます


チョコレートの箱をひっくり返して
原材料名を見ると
植物油脂 (トランス脂肪酸)が上位にあります

これはチョコレートに限らず
おせんべいでも植物油脂がトップにきている物もあります


健康やダイエットのため
毎日チョコレートをひとかけら食べましょう
などというキャンペーンもあるようですが ???です



ブラックチョコであったとしても
健康になりたかったら
ダイエットをしたかったら
なにも わざわざチョコレートに頼る必要もなく

間食をやめて
たんぱく質中心の食生活に切りかえればいいことです


そして ときどき
甘いお菓子の誘惑に負ければいいだけのことではないでしょうか






3月くらいから
夜になると おなかが空いて
あまいおせんべいを数枚 ぼりぼりと食べていました
なかなかやめることができません


しかも
中学生に
「おいしいポッキーがあるの
300円くらいするから 高くて滅多に買えないんだけどね」
な~んてことを聞いてしまったから
近くのコンビニで買ってみると

あら おいしい♪


ということで
おせんべいとチョコレートが
すっかり癖になってしまいました




これは まずい

何とかしなくては



そう思い
ちょっと視点を変えて 考えてみることにしました



このお菓子を食べて 喜ぶ人は
一体誰なんだろう??



チョコレートは 中毒になっていますから
食べたくて仕方がないのですが
食べても それは 一過性の喜びだと思います



そうなると お菓子を食べて喜ぶのは わたしではなく
お菓子を作って販売する人じゃないでしょうか


わたしは お菓子屋さんを喜ばせるために
お菓子やさんのために
せっせとお菓子を食べているのです


なんと ばかばかしいことでしょう



他人の喜びのために お金を使って
さらには 太って
その上 健康を害し 歯だって悪くなります


健康を害すると
こんどは お医者さんが喜びます



お菓子を食べると 他人が喜ぶという事に気付いたら
憑き物が一気に落ちて
おせんべいもチョコレートも 一切買わなくなりました


夜 おなかがすいたときには
小さめのバナナを1本食べます



わたしには
お菓子は ほんのときどき
思い出したように食べる程度が合っているようです




【●最高にすてきな女性になるためにの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: