【食器とティーコゼー】

食器のイメージに合わせて生地を探し
レースや刺繍を施して
オリジナルティーコゼーに仕上げていきます





2019年04月20日

ハンドメイド→お片づけに「旬」が移ったのかしら


こちらのブログに 長くいらしてくださる方でしたら
うすうす お気づきでしょうが


わたしには 1年の間に いくつかの「旬」があります


去年の今ごろは ちょっと活動的な「旬」でした


おととしなどは
憑りつかれたかのように 片づけを楽しんでおりました


去年の夏は体長をくずして
ぐずぐずしておりましたが

秋からは ハンドメイドに熱中して
半年間 走り続けました




私が作っている物は
ティーコゼーとお受験グッズです


どちらも 冬が繁忙期なので
4月も半ばを過ぎると動きが鈍くなります


それと同時に
ハンドメイドの動きが鈍くなってきたのです



ご注文をいただいたのに
生地探しに手間取ったり
新作に手がつかなかったり

ひとつ仕上げるのもたいへんになってきました




そんなときは


「旬」が違うモードに入ったのだと思えるようになりました




そして

寒くて 冬の間じゅうできなかった片づけを
始めることにしたのです



何もやる気が起きない状態ですので
立ち上がって ものを手に取る気にもなれません


でも そこをなんとか踏ん張って
一番散らかっている 生地置場にのろのろと向かい
部屋のまん中に座布団を敷きました



はじめはイヤイヤでしたが
だんだん 片付けにのめり込みはじめました




わたしの片付け方法は
「使うか」「使わないか」のどちらかで決まります


本を読んだことがないので くわしくはわからないのですが
今話題の 「ときめき」は 
わたしには通用しないのです


大切に集めた食器や
大好きな生地で作ったテーブルリネンには
「わぁっ♪」と思います
おそらく これがときめきなのでしょう


でも 普段使っている物にはまったくときめかないので
「使うか」「使わないか」で 捨てる捨てないを決めるしかありません



部屋のまん中に座って
ひとつずつ手に取って
指定の場所に戻します

指定の場所さえ決めておけば
ちらかった物たちは おとなしくそこにもどっていきます


散乱している生地は ていねいにたたんで
指定の箱の中に戻していきます


この作業を始めると だんだん時間を忘れます


あっという間に 5時のチャイムが鳴りました




どうやら わたしは
日々の片づけは苦手ですが
大がかりな片づけは大好きなようです



「あなたのお部屋 片付けます!」の仕事でも
スタートしようかしら




片づけのおかげで元気がでて
少し刺繍ができました


実は 3年くらい前に どうしても作りたいティーコゼーを
途中まで作って 息切れがしていたのですが
なんとか作り上げたくなりました




去年は





「かぐや姫」をイメージした
ポットカバーを作りましたが

今回は 2作目となります


刺繍ができたら仕上がります


できたら ぜひ 見てくださいね






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: