2019年02月27日

久しぶりのジャーマンファブリック






久しぶりにジャーマンファブリックを手にして


燃えております!



ジャーマンファブリックとは
1910年〜40年ごろにドイツで作られた古布のことをそう呼ぶのだそうです


枕カバーやシーツなど ベッドリネン用として生産された生地のようです


当時の若いお嬢さまたちは
ジャーマンファブリックでリネンを統一して
お嫁入りをしたのだそうです



今では 技術的に
同じようなものが作れないと言われています

どこの国でも
古きよきものが 消えていきます




10年くらい前に このジャーマンファブリックがはやり
お友達といっしょにたくさん集めまして
テーブルリネンをたくさん作りました





これは 生地の絵を とりだして
刺繍を刺したテーブルクロスです





よく こんなことをやったと思います

モチーフは ひとつひとつ 刺繍の技法でつなぎあわせました





もちろん ティーコゼーもおそろいで作りました



今回は ドイツから数枚取り寄せて
新しいジャーマンファブリックが仲間入りをしました


こんどは どんなものを仕上げましょうか♪



生地ばかりたくさん集まり
作りたいものがたくさんすぎて
時どき 頭がパニックになります






posted by momo at 09:18| Comment(0) | ●刺繍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: