【食器とティーコゼー】

食器のイメージに合わせて生地を探し
レースや刺繍を施して
オリジナルティーコゼーに仕上げていきます





2019年02月14日

ウェッジウッドジャスパーの小物を利用して・・・



今日は 話しが あちこち飛びます




10年以上前に
骨董屋さんのようなところで
ウェッジウッドのクリスマスオーナメントを買いました


かなりのお値段でしたが
飛びつくようにして 2セット買ってしまいました
ちゃんと ウェッジウッドの箱に入っていました



家に持ち帰り
落ち着いて見てみると どうも アヤシイ!


ウェッジウッドのジャスパーは
もっと 手ざわりがザラザラしています
しかも 無地なんてことはないでしょう





バックスタンプは ウェッジウッドになっていますが
ジャスパーは刻印のはずです


そこで わたしの目利きにより ニセモノと判定しました
(誰が見ても ニセモノです)


がっかりして 押し入れの隅に置いたままです


でも 家中のものを捨てたときでも
このセットを捨てることはできませんでした



★★★



ここ数年で
わたしの中で
「大切にしまってある物を使おう」キャンペーンが始まりました





このウェッジウッドジャスパーの 小さな小物入れも
何とか使いたいと思っていたところです



★★★



昨年末 友人からご紹介をしていただいた方のお宅に遊びに伺うと

それはそれはすばらしいカルトナージュの箱が
さりげなく あちこちに飾られていました


その方が 友人とわたしに
気前よく お針箱をくださいました






ねっ ステキでしょう♪

4面に おしげもなくボビンレースがついています
それだけでも ゴージャスです

リボンは もちろんMOKUBAのグログラン
大好きなグリーンです



中を開けてみると





きゃぁ!


ステキすぎて 貧乏性なわたしには 使うことができません




今使っている わたしのお針箱と言えば





ドルガバのコサージュが入っていた箱です
これが丈夫で 絶対に壊れません


その前は CLUB HARIE(クラブハリエ)のバウムクーヘンの箱でした 泣


いまから カルトナージュを習う気持ちはありませんが
お針箱は 何とかしたいのです・・・





そこで ふと ひらめきました
さすがわたし!





ニセモノ ウェッジウッドジャスパーで
ピンクッションを作ってしまったのです

7番と9番の刺繍針用にします






ニセジャスパーのカップの大きさは ペットボトルのふたと同じです



そして このピンクッションを
さっそくジャスパーの小物入れに入れてみました





うわぁっ

ハサミが 入らないじゃないのよぉ!!

このはさみは カットワークのときに活躍するので
捨てることができませんし
もう 売っていないものなのです





しかたがないので
気にいった生地が見つかったら
もうひとつ ピンクッションを作ることにしましょう







それにしても

あとに残った この子たちをどうしましょうか


せめて ポットのふたが開いてくれれば
ちいさな一輪挿しにでもなるのにね・・・





【●「捨て捨て」終わって 気に入ったものに囲まれて暮らしたいの最新記事】