【食器とティーコゼー】

食器のイメージに合わせて生地を探し
レースや刺繍を施して
オリジナルティーコゼーに仕上げていきます





2018年08月11日

好きなことをひとつやめる勇気を持つと お金が減らなくなる



学生の頃は
本が大好きでした

次から次へと本を買い
読んでは本棚に収納することが
わたしにとっての 幸せの絶頂でした


多分 読んだ本の冊数だけ
自分がおりこうになるような気がしていたのでしょう


本棚の棚板がたわむくらいに
ぎゅうぎゅうに詰め込んで

さらに 入りきれない本は
床の上に 積み上げ
それが 何列にもなっていました

文庫本だけで 1000冊以上はありました



40歳くらいのころ 一度
わたしの中で
軽い「捨て捨て」ブームが起きました

そのときは
ふと 20代の頃のワンピースは
今更着ることはできないなあ

そう思って
衣装ケース7箱分を処分しました

そのほとんどが
デパートの外商を通して購入したものでした

捨てる時に
どれだけのお金を
洋服に そしてデパートにつぎ込んだのだろうと
がっかりしながら 作業をしました


そして 本


本も 繰り返し読むものもあれば
1回読んで終わりの本もあります


本なんて
もう1回読みたくなったら
その時に買うか 図書館で借りるか
どちらかで いいんじゃないの?


そう思うようになると
行動は早いです


本をすべて
しばって ごみステーションまで運ぶのは
かなり大変なので


通りがかりのちり紙交換やさんを呼んで
(まだ このへんでは まいど〜と言いながら
ちり紙交換やさんが走っています)
2階にある本を
階段から滑り落として
ほぼすべて 処分しました

残した文庫本は

・しろばんば 井上靖
・世に棲む日々 司馬遼太郎
・細雪 谷崎潤一郎

この3冊だけ

これはだい好きで 何回か読み直しています




それから 軽く何度か好きなことをやめ続けて
さらに 新しい好きなことができて・・・
この繰り返しをして


そしていま
大好きな「デパートに行くこと」をやめたら
お金が まったく減らなくなったのです




デパートに行かなくなったら 物が増えない!お金が減らない!



よい 夏休みを