2018年08月03日

IDC大塚家具のVIPルーム


大塚家具は
先代の頃からおせわになり
すこしずつ家具を買ってきました

10年くらい前
大塚家具が まだ 会員制だったころ
厚さ30センチくらいのマットを持つ
ダブルベッドを購入しました

2階の部屋への搬入のため
トラック2台で来て
4人がかりで設置していただきました


当時 それほどの厚いマットは一般的ではなく
適度な値段のボックスシーツがなくて 失敗したと思っていました


シーツ1枚に2万円以上は 高すぎます


でも 最近
ニトリさんでも 厚いベッドマットが売られているのを発見しました

安いシーツもあるのかどうかは知りませんが
シーツ貯金をしなくてよくなりそうです


1年前
家具の総取り替えを考えて
まず
家にある家具を 全部捨ててしまいました



今回の文化部の活動は

「すっからかんになった家の家具を探す会」の催しです




スッキリした部屋のために
横浜の大塚家具で
3時間くらいかけて

・イタリア メデアのダイニングチェア(1脚は購入済み)と
・イギリス デュレスタのソファと 一人用の椅子

を候補にしました

担当さんが ふたりついてくださいました



散々あれこれ検討して
ようやく候補を絞り
細かい打ち合わせのために
用意していただいたのは VIPルームでした

どこのお店でも
VIPルームは すこし隠れたところにあります


横浜の大塚家具でも
細長い廊下の突き当たりに その部屋はあります


部屋の中は
舶来の家具を使って シンプルで上品なインテリアとなっています







その中で
金額の打ち合わせやらなにやらをしましたが
あくまでもみつもりで
購入は 決めていませんでした




こうして 丁重なおもてなしをいただいて 半年後


雑誌でもご活躍のインテリアデザイナーさんと知り合い
なんと
せっかく選んだ家具が すべてボツとなりました



大塚家具さん ごめんなさい・・・




posted by momo at 16:22| ●文化部活動